基板実装 回路設計から試験評価まで 大型基板の部品実装 基板実装メーカー:山梨県

フロー実装

鉛フリー実装屋 フロー実装 挿入実装・後付け工程について

プリント基板にリードつき部品を挿入し、フロー槽(自動半田槽)で半田づけします。また、自動半田づけに馴染まない部品は、個別にハンダコテで手半田づけを行います。

挿入実装・フロー実装紹介

フロー実装ラインの製造工程

部品挿入工程:プリント配線板のスルーホールにリードつき部品を挿入します。部品挿入は、自動送入機もしくは人手での挿入となります。

フラックス塗布:部品挿入されたプリント配線板には、フラックスが塗布されます。フラックス塗布は、プリント配線板のランドと電子部品のリード、そして半田表面の酸化皮膜除去と清浄化のために行います。

フロー実装工程:プリント基板をヒーターで予備加熱し、フラックスを活性化したうえで、半田付けを行います。半田づけにはダブルウエーブ方式の噴流式自動半田槽を使います。

手付け工程:表面実装や挿入実装できない部品をハンダコテで手付けします。

後処理工程:コネクタ圧入やフラックス残渣の洗浄、またコーティング処理を行います。

検査工程:インサーキットテスタで電気検査を行います。


鉛フリー実装屋のフロー実装ライン

・RoHS専用フロー槽(1) タムラ製作所製 自動半田槽 HC50-39NF
・共晶専用フロー槽(1)
 千住金属製 自動半田槽 SND-400

鉛フリー実装屋のフロー実装・後付けラインの特徴

少量多品種生産:1ロット1枚の試作品や超少量品でも対応可能です。

大型基板:基板サイズ500mmx600mmまでの大型基板実装を行うことが可能です。

鉛フリー対応可能:窒素対応専用フロー槽設備あり。半田付け半田鏝も窒素対応鉛フリー完備です。

RoHS専用ライン完備:フロア、設備、工具、副資材、材料の識別管理を行い、
  必要に応じてコンタミの分析測定を実施しています。

RoHS専用部分半田槽

【フロー実装ラインをサポートする装置】

 ・部分半田槽
 ・温度調整機能付半田鏝
 ・インサーキットテスタ:オカノ電機 ZPC-5000
 ・フィクチャレステスタ:TAKAYA製 APT-7400CJ
 
 

【半田づけ認定資格】

鉛フリー半田付け検定

最低3ヶ月の実務経験者に対して学科・実技試験を行い合格した者のみが、半田付け作業者として認定されます。弊社内資格ばかりでなく、お客様の社内資格も積極的に取得しています。
半田付け認定資格は、共晶・鉛フリーそれぞれに対応した資格です。
資格取得者により、QFPや6030チップの半田修正作業も手半田付けで行われます。

後処理工事(コネクター圧入・コーティング)


問合せ先

お問合せ方法

営業について

営業時間 8:20~17:20

営業カレンダー

10月の営業カレンダー

11月の営業カレンダー

[住所]
山梨県甲斐市宇津谷三嶋9180-1
[業務内容]
プリント配線基板部品実装
基板改修 回路設計 電子機器製造
[連絡先]
電話:0551-23-4544
FAX:0551-22-1203