基板実装 回路設計から試験評価まで 大型基板の部品実装 基板実装メーカー:山梨県

RoHS実装

RoHS指令など環境規制対応について

国々が陸続きで一国では解決できない欧州の環境対策として施行されたRoHS指令。 さらにはReach規制など、管理すべき化学物質は、次第に増え続けています。

昭和産業からの直接輸出はないけれど、「地球と未来にやさしい事業活動」を行ううえで避けて通れない問題として環境規制には、積極的に取り組んでいます。

未来への贈り物-環境対応製品

RoHS対応ボードへのリメイク支援

弊社では、製品として流通しているものをRoHS対応品にリメイクする業務も行っています。部品全点をRoHS対応品に置き換え鉛フリー半田で実装することでRoHS対応製品に切り替えます。

回路設計やパターン設計から設計し直し、機能検査や信頼性評価が必要になることもあります。結果的には表面実装仕様にすることで、トータルコストダウンになる場合が多いです。基板のリメイク、一度弊社にお問合せください。

非含有証明と識別管理(RoHS指令対応)

お客様からRoHS仕様の注文をいただくと、弊社では含有証明添付で資材調達をいたします。機構部品などはRoHS対応可能な指定取引先から購入するとともに自社内で含有成分分析も実施しています。社内では、部品・副資材・工具にいたるまでRoHSと非RoHSの識別が管理され、細心の注意を払って作業を行っています。

RoHSラベル

【RoHS指令とは】

欧州指令のひとつであり特定有害物質使用制限指令(RoHS)のこと。2007年7月1日施行。弊社ではRoHS基準に準拠し社内基準を以下のように設定しています。(内はRoHS基準値)
・鉛:700ppm(1000ppm)     ・水銀:700ppm(1000ppm)
・カドミウム:50ppm(100ppm)  ・六価クロム:700ppm(1000ppm)
・ポリ臭素化ビフェニル:700ppm(1000ppm)
・ポリ臭素化ジフェニルエーテル:700ppm(1000ppm)

RoHS指令対応用蛍光X線分析装置

【含有物質分析装置】

エスアイアイ・ナノテクノロジー SEA1000の導入
RoHS指令で指定された微量Cd, Pb, Hg, Br, Crなどの測定に対応。 370x320x155mmの大型試料室により、大型試料でも非破壊で測定できます。
・非含有証明のない部品・副資材などの受け入れ検査
・自動半田槽内の日常的な半田分析
・必要に応じて出荷時検査


問合せ先

お問合せ方法

ISO認証マーク
ISO9001:JQA-QMA15272
ISO14001:JQA-EM7183

JISQ9100:JQA-AS0176

営業について

営業時間 8:20~17:20

営業カレンダー

7月の営業カレンダー

8月の営業カレンダー

[住所]
山梨県甲斐市宇津谷三嶋9180-1
[業務内容]
プリント配線基板部品実装
基板改修 回路設計 電子機器製造
[連絡先]
電話:0551-23-4544
FAX:0551-22-1203